<< 平野区画整理会館催事・2012年11月10日・11日ママキラ☆応援告知 | main | 12年という節目 >>

岐阜ネパールの会・ネパール通信転載です

2012.11.27 Tuesday
0
     

    11月27日(火)天気:快晴 気温:12℃  湿度:60%



    予定より2日ほど早いが通電の都合でアヘッドして配信した。



    今回は、ここネパールに来た「尚子さん」の話をお伝えしたい。




    彼女は、某大学を1年間休学して東南アジアを回って1週間ほど


    前にネパールに来て偶然、私と出会った事で「銀杏旅館」に来る


    ことになり、何とはなくここでの時間を過ごしたいとの事。



    或る時、「人間ってバカですよね〜」と言う話から「何で万物の


    霊長」なのか?


    と言う疑問を投げられ、はたと困った。



    例えば、犬は優れた「臭覚」を持ち・猫は優れた「視力」を持ち・


    像は優れた「聴覚と臭覚」を持ち私たちの周りの動物は全て人間


    には無い「特殊超能力」を有している。



    しかしながら、人間は何があるだろうか?




    考えて物を作る能力と、「喜怒哀楽」と言った感情を持つだけで


    その他の動物より優れていると言えるだろうか?




    衣服を着なければ「直ぐに風邪」を引く人間が動物より「偉いの


    か?」



    電話でしか遠くの人との話が出来ないのがそれを使わなくても話


    の出来る像やクジラより「偉いのか?」




    臭覚も鈍い人間が犬より「偉いのか?」



    決して「偉いはずはない!」



    動物たちは「人間のする事」を黙って見守っているに過ぎないの


    ではないだろうか?



    本当は「彼らは人間なんかより優れていて」人間のすることを見


    守っているだけではないのだろうか?




    火を通さないと食べ物も口に出来ない人間。



    車や新幹線を使わないとチータより早く移動出来ない人間。




    懐中電気を使わないと夜歩けない人間は、夜自由に歩ける猫より


    優れている?



    飛行機を使わないと空を飛べない人間は、鳥より優れている?


    鳥の中でも「ふくろう」は素晴らしい「聴覚と音のしない羽」を


    持ち餌を得る能力を持っている。




    人は「驕り:おごり」の塊なのである。




    その驕りを捨てた時にこそ「共存共栄」があるのではないだろう


    か?





    人間以外の動物は「むやみに動物を食物として殺さない」ばかり


    か、満腹時などには、餌となる動物と遊んでさえいる。




    人間は自分に食べきれないほどの食物や物を手にしても「まだ欲


    しがる」無限地獄の様相である。





    「相田みつをさん」の言葉「争へば足りない、分け合えば余るのに」





    ここネパールでは毎日の生活に必要な食べ物は毎日収穫若しくは


    購入している。




    冷蔵庫の無い生活では、買い置きなどとんでもない事である。



    今日食べる野菜や肉は、今日買いに行くのが普通である。





    世界には飢えて亡くなる子供たちが「沢山」居るというのに・・・





    商業ベースとは言え「無駄に捨てている食物」は日本が世界で一番


    多いとさえ言われている。




    輸入している分だけ「ゴミとして捨てている」事に怒りさえこみ上


    げる。



    そんな日本で「幸せ感」を得るために、一体どれくらいの「無駄」


    があるのだろうか?




    エネルギー・食べ物・物・物・物の生活でも飽き足らず「まだ欲し


    がる日本人」は、正に「化け物」としか言いようがない。



    巨大な大気圏内の「ブラックホール」であるかのような生き物であ


    ろう。




    先日、神戸の友人が「癌」で亡くなった。




    彼は若いころからオーケストラで演奏してきて、沢山の人々に素晴


    らしい演奏を聞かせてきた「うどんやのおっちゃんこと藤野 芳雄さん」


    である。



    私との出会いは、阪神淡路大震災の「本山第二小学校」で私ととも


    に避難所運営に没頭。




    その後も我々のネパール支援にも多くの学校を回り「子供服や楽器」


    を集めてくださった。




    震災時の救出現場から見つけた「ひまわり」を日本国中に広め、亡く


    なった娘さん(自分の娘さんの同級生)の名前をとって「はるかのひ


    まわり」として世界に広がり、「助け合う心」を訴え続けてきた方で


    ある。




    ここネパールでも「はるかのひまわり」は暖かく咲いている。





    もちろんヨーロッパ各地にも・・・




    東日本大震災にも夜を徹して車で駆けつけ、残材整理や避難所での活


    動を続けてこられた。




    周りの人に「なぜそこまで?」とか、「自分の体を犠牲にしてまで」


    と言われながらの活動であった。(塩狩峠を思い出す)




    欲もなく・見栄もなく・人の世話に明け暮れる日々の人。




    ただただ、「おかもち」をバイクで配達する彼。



    正に「神」の仕事である。




    彼からは多くの事を学ばせていただいた。



    身体は病んでいても決して笑顔を絶やさず、彼の「心」はいつも明る


    かった。



    彼から学んだ「人の生き方」は、ここネパールでも引き継いでいきたい。




    添付は我が家から見られる野鳥と夜景である。

    野鳥
    サンガからの夜景



    合掌







    では次回「ネパール通信」まで











    HPのご案内




    http://gifu-nepal.jimdo.com/



    Ichyo Group Sujita


    ネパールcomments(0)|-|-|-|by ポカラのゆみ
    コメント









     

    プロフィール サイト内検索
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    262728293031 
    << March 2017 >>
    新しい記事 コメント
    トラックバック
    アーカイブ カテゴリ リンク モバイル
    qrcode
    オススメ オススメ Others ムームードメイン
        

    ページの先頭へ